出前科学実験教室

  • 学校団体利用のご案内
  • プラネタリウムのご案内
  • 自然観察(地層・林)
  • 学校星空ウォッチング
  • 出前科学実験教室
  • 総合的な学習のご案内

出前科学実験教室について

科学館では市内の学校・幼稚園等を対象に講師派遣をし、科学実験教室をおこなっています。クラスや学年ごとの対応を致します。
実験内容については、展開例以外にも事前に相談いただければ対応いたします。

主催は申し込まれた団体(学校等)となります。参加者の傷害保険等は開催団体(主催者)で対応して下さい。また、科学実験教室実施中の指導補助・安全確保にご協力下さい。

利用申請について、詳しくはこちらをご覧ください。

平成27年度より、玉手箱利用申請書・実施報告書の項目が一部変更されております。ご注意ください。

学校団体利用できる曜日について

火曜~金曜日(月曜日、祝日の翌日が休館日です。)

利用時間

所要時間や開始時間に関しては、お申し込み時にご相談下さい。
1クラスごとの対応になります。基本的な所要時間は40分~90分で対応します。

展開例

科学実験プログラムは「21世紀子どもサイエンス」事業で、整備した「ワクワクドキドキ玉手箱」です。

「ワクワクドキドキ玉手箱」とは、実験道具やマニュアルを箱の中にひとまとめにしたセットで、科学館職員や科学ボランティアがそれを使って実験教室を行います。

また、学校の先生方に授業等で使っていただく場合は、箱だけお貸しすることもできます。その際の使い方の講習も科学館で行います。また、玉手箱の中の消耗品なども科学館で負担いたしますので無料です。

また、事前にご相談頂ければ指導者(科学館職員・科学ボランティア)の派遣も可能です。
小学校での総合的な学習や学年・学級行事、中学校での総合的な学習、選択理科、部活動などでの使用が可能です。実施日程などは科学館までご相談ください。

実 験 名 内 容
この展開例は一例です。この例以外にも対応します。ご相談下さい。
光通信
光でモシモシ
光の性質から光通信の原理を体験しながら光通信の仕組みや光ファイバーについて学ぶ玉手箱です。
浮沈子 しょう油差しを使った浮沈子をつくりながら、浮力や重力について学ぶ玉手箱です。
モーター 磁石の性質を学び、さらに電磁誘導を体験しながらクリップモーターを作る玉手箱です。
東芝科学館と共同開発
川崎自然ロケ隊 ファイバースコープや携帯型実体顕微鏡がセットになっています。フィールドに出て観察しながら、自然について学ぶ玉手箱です。
飛ぶもの 飛ぶ種の仕組みのすばらしさ、種の保存にどのように役立っているかを考えながら、飛ぶ種の仕組みを利用しているのかを学ぶ玉手箱です。
科学マジックショー 共振・錯視・渦電流・気化熱・偏光・揚力・音・浮力・電気・化学反応などを、演じながら、科学に興味・関心をもち学習する意欲を養う玉手箱です。
君も科学捜査官 指紋の検出(粉末から検出する方法と薬品から検出する方法)や水性ペンの色素分析を体験しながら犯人探しをする玉手箱です。
水ロケットを科学する ロケットが「運動量保存の法則」「作用反作用の法則」「液体と気体の圧力の差」などが原因となって飛んでいくことを、学ぶ玉手箱です。
鏡を使ってあそぼう 鏡の性質である光の反射を利用したさまざまな工作品を作成します。錯覚によりさまざまな見方ができることを学ぶ玉手箱です。
燃焼と爆発 物質が酸化する反応の一種である「燃焼」と「爆発」を、物質の状態や同じ状態でも粒の大きさによる反応の違いを体験・観察する玉手箱です。
大気圧を感じよう 普段感じない大気の圧力を、マグデブルグ半球の実験やゴミ袋ジャッキを使いながら、大気圧を体験・観察する玉手箱です。
重心であそぼう バランス鉛筆立て、やじろべい、バランストンボなどを作成しながら、重心と重力のことについて感じながら学ぶ玉手箱です。
DNA 生命の設計図であるDNAについて、その仕組みからモデルを作成したり、細胞からDNAを抽出したりして、体験・観察する玉手箱です。
熱をだすもの 燃焼や電気抵抗、化学反応熱など身近に発生している熱について体験し、その原理やどのように応用しているのか学ぶ玉手箱です。
真空の科学 簡易型真空実験装置を利用して、空気の密度などを正確に測ることができ、真空中での音の伝わり方や霧を発生させる実験ができる玉手箱です。
超低温の世界 液体窒素の性質を発見する実験です。危険がともなうため実験は主に指導者が行いますが、子どもたちはワクワクドキドキするような体験ができます。
虹をつくろう! 虹ができるしくみをさまざまな実験から確かめます。さらに、室内でも虹が見られるような虹シートをつくります。
ドライアイスであそぼう! アイスを買うと付いていることがあるドライアイスをつかって、いろいろな実験をしながら、二酸化炭素の秘密に迫ります。
活性炭電池をつくろう! 家庭にあるようなものを使って電池をつくります。電池についてそのしくみを学ぶことができる玉手箱です。

ページのはじめにもどる