皆既月食の解説(2015年4月)

 2015年4月4日(土)には、皆既(かいき)月食が起こります。月食は、特別な道具がなくても眺められる現象です。東~南の方向の見晴らしが良い、安全な場所で観察してみましょう。

月食とは

 月食とは、地球の影に月が入る天文現象で、丸い満月が欠けてしまったように見られます。また、月が影に全て入ることを「皆既月食」と言います。皆既月食の時には、地球の大気を通過した赤い光がほのかに月を照らし、赤黒い月となって見られます。

今回の月食の様子

 時刻  現象
 19時15分   月食(部分月食)開始 
 20時54分   皆既月食開始 
 21時00分   食の最大 
 21時06分   皆既月食終了 
 22時45分   月食(部分月食)終了 

2015年4月4日の月食のようす(川崎付近)

 月食は、19時15分に始まります。月食が始まった頃の月は、東の低い空に見られますので、見晴らしの良い場所で観察しましょう。地球の影に月が完全に入る皆既月食は20時54分に始まりますが、21時06分には影から月が出始め、皆既月食はすぐに終わってしまいます。そして月食が終わるのは、22時45分です。
 このように、月食全体は3時間半ほどかかる現象ですが、皆既月食はたった12分間しか続きませんので、見逃さないようにしましょう。

皆既月食の赤黒い月を観察してみよう

2014年10月8日の皆既月食(かわさき宙と緑の科学館)

2014年10月8日の皆既月食
(かわさき宙と緑の科学館)


 皆既月食になると、月がほんのりと赤黒く照らされて観察されます。この色の様子は、毎回異なりますので、今回の月食がどのように見られるのか、ぜひ観察してみましょう。



【次回の皆既月食】
 この次に皆既月食が日本で見られるのは、
約3年後の2018年1月31日です。しばらく見られませんので、見逃さないようにしたいですね。






ページのはじめにもどる