ペルセウス座流星群の解説(2013年8月)

 夏の夜空をいろどるペルセウス座流星群が、8月13日頃に見ごろを迎えます。このペルセウス座流星群の解説です。

 

最も多く流れるのは何日?

 ペルセウス座流星群は、毎年8月13日頃に見ごろを迎えます。今年、流れ星が最も多く見えるのと予想されるのは、8月13日未明(12日深夜すぎ)の3時頃です。このとき、天の川が見えるような星空のもとでは、1時間あたり50個以上の流星が見られそうです。川崎市内でも、1時間に5個から15個ほどの流星を見ることができるでしょう。

 なお、前日の12日未明(11日深夜すぎ)や翌日の14日未明(13日深夜すぎ)にも、この半分くらいの数の流星が見られそうです。

何時に見るのがよい?

 一晩の中では、ペルセウス座流星群は21時頃から流れ始めます。ただしこの時間帯は、流れ星の数は多くありません。23時を過ぎるとかなりの数の流星が流れるようになり、見ごろをむかえます。そして最も多く見えるのは3時頃です。ただし3時半を過ぎると、夜明けとともに空が明るくなってきます。流星が観察できるのは、4時頃までです。

どうやって見ればよい?

 レジャーシートに寝転がったり、背もたれのたおれるイスを使ったりするなど、首が疲れない体勢で見るのがおすすめです。流星はペルセウス座だけではなく全天に流れますので、見やすい方向を見て観察しましょう。

 なるべく暗いところで観察した方が、流れ星を多く見ることができます。しかし、安全が第一です。必ず複数の人で、安全に気を付けて観察してください。もし街灯があるときには、あかりが直接目に入らない方向の空を見るとよいでしょう。

 なお、夏とは言っても深夜を過ぎると冷え込んできます。上着なども用意し、体を冷やさないように気をつけましょう。

3時の図

明け方3時ころの北東の空のようす

※ペルセウス座流星群は、流れてきた方向をさかのぼってたどると、ペルセウス座にある「放射点」に集まるように見えます。ただし、ペルセウス座だけでなく全天に見えますので、この方向(北東の空)に限らず見やすい方向の空を観察するようにしましょう。


ページのはじめにもどる