川崎市自然環境調査報告

川崎市自然環境調査の経過

かわさき宙(そら)と緑の科学館は、1982年に自然系博物館として登録されました。
これを契機として、1983年から市民ボランティアを募集して川崎市域の自然を調査記録する事業を開始しました。
この自然調査は、川崎市自然環境調査として継続されてきました。
この調査を実行してきた市民が組織した団体が、かわさき自然調査団です。
かわさき自然調査団は、この調査研究事業を活動の根幹に据えて、現在も活動しています。

  • 1983.4~1988.3(5年間)第1次調査
  • 1988.4~1991.3(3年間)第2次調査
  • 1991.4~1995.3(4年間)第3次調査
  • 1995.4~1999.3(4年間)第4次調査
  • 1999.4~2003.3(4年間)第5次調査
  • 2003.4~2007.3(4年間)第6次調査
  • 2007.4~2011.3(4年間)第7次調査
  • 2012.4~2016.3(4年間)第8次調査

川崎市自然環境調査 総目次

 (1983.4~1988.3)

 (1988.4~1991.3)

 (1991.4~1995.3)

 (1995.4~1999.3)

 (1999.4~2003.3)

 (2003.4~2007.3)

 (2007.4~2011.3)

 (2012.4~2016.3)

ページのはじめにもどる

かわさき自然調査団

かわさき自然調査団

かわさき宙(そら)と緑の科学館(川崎市青少年科学館)は1982年に自然系博物館として登録されました。
これを契機に、川崎市域の自然を市民の力をかりて調査・記録しようと、 市民ボランティアを募集し、各分野の専門家に協力をお願いし、川崎市域の自然調査を開始しました。
この調査は現在も継続しており、結果は川崎市自然環境調査報告書(川崎市教育委員会)として記録してあります。

正に科学館と専門家と市民の協働による事業です。

生田緑地観察会

生田緑地観察会は、月3回日曜日の10時から12時までの2時間開催しています。
事前の申込は不要で、誰でも無料で参加できます。
生田緑地観察会の日程は、こちらです。

ページのはじめにもどる